魂への執着は恋愛感情になりえるのか『この愛は、異端。』ネタバレ・感想


魂が宿った時からずっと見ている

 

この愛は、異端。 森山 絵凪 ヤングアニマルコミックス 白泉社全3巻※続編開始予定あり

続きを読む

『売れっ子漫画家×うつ病漫画家』ネットで話題の作品を読みました。

www.pixiv.net
漫画家になれて嬉しかったはずなのに、好きな物ではなく望まれる物を描き続けた結果、漫画を描くことが苦痛になった漫画家・矢晴とその漫画家に憧れていた売れっ子漫画家・純の話。


話題になっていたので読みました。
BLなので苦手な方はご注意くださいね。
執着ものの怖さがある。

話も面白かったけれど何より描くスピードに驚いた。
描きためていたのを一気に出したのかな?と思ったら8日間で127ページ描いてその間に映画みたり遊んだりしました、とあるのでもの凄く速い。
もちろん、デジタルなので色々駆使したとは思いますが、それでも速い。
人物の動作描写はもちろん、背景もしっかりあるし。

BLかGLか悩んだ、とありますが同性である必要性が出てくるのかな?
いや、単に同性が好きなだけかもしれないのですが。
恋愛要素絡める際、純さんのようなタイプは性別は瑣末なこととするだろうけれど(同性異性など問題ではなく、あくまで対象への執着のみという意味)、矢晴さんが受け入れ拒否で荒れる展開なのかな。
とにかく会話が通じないというか、噛み合っているようで少し隙間がある感覚が怖い。
純さんの「ずっと好きだった、憧れの人への執着」が怖い感じで出ていて、何となくそこに売れっ子の感覚の闇に近いものが見える。

矢晴さんは純さんの才能をまざまざと見せつけられて、自分への肯定力がガクっと低くなり好きだったものをどんどん嫌いになっていくのが辛くて仕方なくて。
そんな時に現れるのが「自分のファンだと言って憚らない人気漫画家
しかも、才能を見せつけてきた相手。

矢晴さんは受賞して好きだった漫画を職業に出来て嬉しい、単行本が出て嬉しい、作品が認められて嬉しい。
嬉しいが多かったのに、売れない=存在価値に繋がるのが辛い。
これはどんなことでも同じなのですが、必ずしも全てが一致しない。
一致しないからこそ、打ちのめされてどんどん自信がなくなっていく。

スパダリが立ち直すまでの二年間とあり予定では3,40話程になるとのこと。
作者の中ではしっかりとオチまで考えてあるのでしょうね。

これだけ話題作になり、画力も申し分ないので声がかかって連載しそう。
しかも恐ろしく速い。
最初、プロの別名義だったりしないかな?と思ったのですが、どうですかね。
この作品しかないし。
凄く描き慣れているし、同人活動されているのかな。
SNSの普及によって本当にプロへの扉が開きやすくなってるし、思わぬところで道が出来たりして人生変わっていくんだろうな。
Pixivで多くの作家さんが生まれてるし、凄いな。
作家さんたちのあくまで趣味で描いていたものが一気に注目されて階段駆け上がる、みたいな展開になっていく。
その様子を読んでいた方とすると「うわぁー!」と見れる喜び。
そこが本人自ら雑誌に応募するのとは違いますよね。
あと、スカウトされた後も或る程度知名度があるから連載へのハードルの低さもありますし。

今後はお仕事の関係で更新スピードはゆっくりになるようですが、楽しみ。
仕事ではなく、好きで描いているのだから無理をする必要もない。
読めるだけで良いし、有難い。

気付いた熱から逃げられなかったのは、わざと。『潜熱』ネタバレ・感想

私も知らなかった熱が思考回路を奪う

 

潜熱 野田 彩子 BIG COMICS ヒバナ 小学館 全3巻

続きを読む

江口寿史先生18年ぶりの連続アニメのキャラデザイン

www.youtube.com

2021年放送とあるのですが放送日は不明。

ティザーPV見ると面白そう!
銀杏BOYZの主題歌素敵!

今年はイラスト集も発行されましたし、話題が多い。
『ストップ!!ひばりくん!』は完結していないと思ったら27年越しに完結していたんですね。
この設定も多くなったと思うと、27年前にしてアニメ化までいったのは凄いな。
江口先生の絵も流行ったものねぇ。
先生の影響でアンナミラーズの制服描く人増えたと思っている。
青木光恵先生のイメージもあるけど、江口先生で知ったとあるし。
今もあるので見た事ない人はぜひ見てほしい。
可愛いんですよ。
行ってみたかったけれど、地元にはなく現在は高輪店のみになった模様。
パイが美味しいらしい。

Anna Miller's/アンナミラーズ


昔のジャンプは少年誌なのに割と女性問題では内容攻めていた印象。
桂先生、萩原先生もう少し後だと矢吹先生が印象を強めていたのかも。
冨樫先生は結幽遊白書ではその路線行かなかったものね。
あと、青年誌との境目も今よりもっと曖昧だったのかも。
北条先生は雑誌変更されましたが荒木先生は結構長かった気がする。

とにかく楽しみな作品が出来て嬉しい。

手塚治虫文化賞決定

twitter.com今年の受賞作は『ランド』(山下和美)に決定。
全11巻とのことなので、GWが休みの方はこの間に読むのにもいいですね。
私は途中で止まっているのでこれを機に再挑戦してみるのも良いかも、と思いました。
序盤の3巻で止まってます……。
1巻が好みの展開でうわ!!となったのですが、結局3巻で止まっている……。
今読み返すと当時とは違った感想になるかも。
年齢というかその時の感情などによっても違った感想になるのが面白い。
いつでもフラットに読める人だと同じ年齢(経験値が変わらなければ)なら感想はいつでも同じなのかな。
あと、カバーが素敵です。
黄色の蛍光色の紙を活かす様な仕上がり。
カバー裏は蛍光色一色。
帯にも文字に蛍光色のインクが使われているのがいい。
もう一つ特徴と言えば分厚いので読みごたえがあります。


まずは試し読みをお勧めします


山下先生は集英社時代の少女漫画はほぼ読んだことがないため、講談社というか青年誌で描かれてからの作品の印象です。
天才柳沢教授の生活』や『不思議な少年』は面白くて好きです。
人物の色々な側面に対していつでも変わらないスタンスの柳沢教授。
怒りや憎しみ、喜びや悲しみ。
そんなものを飄々とした様子で俯瞰している姿に苛立ちつつも憧れもある。
そんな場面の切り取りが良いんですよね。
不思議な少年も少年という視点から見た人間世界の喜怒哀楽。
これって天才~もそうですね。
それぞれの視点をしっかり描くと感情移入してしまい「そんなに悪い人じゃないのに……」となってしまうんですよね。
そこを省くと分かりやすい勧善懲悪になるのでスカっとしますけどね。
最適解なんて分からないいことが多いし立場によっても違う。
それでも自分の考えが「最適解」だと言うのはやはり傲慢な気もする。
もちろん、それを主張するのは構わないけれど押し付ける事に疑問を感じる。
山下先生の作品はそんな印象なんですよね。
今読み直すと違うかもしれないですが。

丁度連載中に『漫勉neo』(浦沢直樹先生が一人の漫画家にスポット当てる番組。Eテレにて不定期放送)で取り上げられたことがあり、その際山下先生のペン入れの様子など見る事が出来て良かった。
ランド』へのこだわりなども聞けたし。
以前放送されていた『BS漫画夜話』(一つの作品を専門家(漫画家や教授)が説明し、ゲストが好きな所を語る番組。NHK-BSにて不定期放送でした)とは違い、その場に漫画家が出演し浦沢先生だけというのもスタイルだとこうやって先生の話が聞けるのがいい。
ただ、『BS漫画夜話』は昔ならではの生放送番組だからFAXで質問してね!というのも良かった。
熱いコメントと共に皆さんの力作イラストが壁中に貼られたり、取り上げた作品の作者が送ってきたりと楽しい番組でした。
また、視点が多いので様々な意見がぶつかるのも良かった。
読み込みが浅いとか背景が読めてないとか散々でしたけど。
背景を知っている方が話の面白さは増すけど、別に「この作品面白いよね!」だけでもいい。
ただ相手が専門家だから言い返されてしまうんですけれどね。
そこも込みで人数多い視点は面白い。
浦沢先生一人だと同業者視点が重点になるのが面白い。
また放送するといいな。

今回受賞作品については他は読んだことのない作品ばかりでした。
鬼滅も未履修です。
大体なんとなくは知っていますが、それだけ。
アニメ化した時に見ようと思っていて忘れていた……。

葬送のフリーレン』は丁度『アメトーーク!』で挙がっていて面白そうと思った。
でも、連載中のものはいつくも手を出したくない(酷い)※長期連載でいくつかの作品が止まっている状態なので躊躇ってしまいます。
アニメ化しそうだな。
同じく『アメトーーク!』で気になった『終末のワルキューレ』も連載中でアニメ化……。
最終局面なのかな?→調べたらまだ折り返しだった。
連載中のアニメ化は本当に難しいと思っているので。
全て途中で2期、3期へと続きますからね。
ワンパンマン』はガロウ編終わってからすれば良かったのに。
未だに続いていてONE先生のガロウ編より長くない?
ONE先生がプロット見ているのであれでいいのだろうけれど……。
連載中ですがこちらはさくさくコミックスが出ているので追いやすい。
でも、まだまだ終わりそうにないし結局サイタマの日常が続く的な終わり方なのかな?
ONE先生作品の『モブサイコ100』はアニメしか見ていませんが魅力的な作品で大人の霊幻さんがいるからこそ、茂夫くんは良かったんだよな。
あの「信じられる大人」という像をしっかりと見せるから、とてつもない力を持つ人間でも箍を外しても戻ってこられる。
この上手さが良かったな。
あと、嫌な気分にならないのがいい。
鬱展開の作品はある程度気持ちが落ち着いている時に読みたい派。

今回の受賞作を選ぶ社外審査員はどのようにして決定しているのか分からず、取敢えず選者のコメント見ようと思うと無料会員もしくは有料会員にならないと見られないんですね。
朝日新聞主催ですものね、そりゃ他の記事も読んでほしいですよね…。
結局会員にならなかったのでコメント見られず。
選者は幅広い作品を読む人が選ばれているのかな?

受賞コメントで先生たちがイラスト描いているのを見る事が出来たのは嬉しかった。
こういう機会があると以前読んでた作品などを振り返ることが出来ていい。
やっぱりチェックを怠ると好きな作品しか見なくなってしまうな。
もちろんそれでもいいけれど、新しい作品は探したいと思っているからこそ、時々はアンテナ張ることを意識したい。
あまりこちらを重視すると疲れるので気楽に。